2014-08-19

ベルギーの古城 Château de Modave

生きていると、いろんなことがあるもんだなぁと思います
まさか、自分がベルギーに行くなんて1ミリも思ってませんでした

今回の旅では、前半に友人が住んでいるドイツへ行ったのですが
友人が車でベルギーまで連れてってくれました

高速道路でびゅーんとルクセンブルクを経由してベルギーまで
まさか、ルクセンブルクにも行くなんて、です

フランスしか訪れたことのなかった私が、ここにきて、いきなり3ヶ国に足を踏み入れました
なんだか自分がパワーアップしたような気分


はじめてのベルギー、ひとつお城をご紹介したいと思います

外国の古城に行くのは、はじめてのこと

ベルギーにはたくさんの古城があって、どれがいい?って言われて
たまたま選んだのが、こちらのモダーヴ城です

車じゃないと、なかなか行けない場所にあるので
いろんな偶然が重なって行けたという、何となく奇跡のような経験だと今になって感じます


ワロン地方で最もすばらしい城のひとつ、なんだそう

Château de Modave

http://www.modave-castle.be/
http://www.modave-castle.be/infos_pratiques/langue_jp

いかにもという感じではなくて少し小さめだけど、かわいらしいお城ですよね

訪れた記念にコインを購入しました


お城へ向かう一直線の並木道があるのですが
左右に大きな木が並んでいて、とても偉大というか神聖というか、すごく素敵な道で
写真にしても、この空気感は伝わらないだろうなと思って、写真に撮らずに記憶に残しました

昔、ここに住む人が馬に乗って、この道を颯爽と駆けていたのかなぁなんて想像してみたり
外国の風景はどれも絵本のようで、いろんな空想をしてしまいます


お城は
とても静かで緑豊かな場所にあるので
ゆったりとした気持ちで見学できます

外観も素敵ですが、とにかく内装が素晴らしいです
豪華な調度品が置かれた部屋が約20室ほどあります

どのお部屋も素敵でしたがピンクの壁紙のお部屋が1番タイプです

お城の教会では結婚式を挙げることができるんだそう、もちろん日本人の方もOK
古城で結婚式だなんて、とってもロマンチックですね



車の窓から流れる景色は、牧場など緑豊かでのどかな風景が多くて
どこか大好きな北海道に似ていて、勝手に親近感がわいてしまっていました

かわいい建物や町も多く、ベルギーに興味津々です
また訪れてみたい国、場所となりました

他の古城とあわせて、またモダーヴ城にも訪れてみたいです

みなさんもベルギーに行く機会があったらぜひ


[ 旅と写真 overseasに関する記事はこちら ]


2014-08-07

美しい食事 TOYO

よく、もっとたくさん海外に行ってるかと思った~、と言われることがあるのですが
私が、みんなが思っているよりも海外に行っていない最大の理由は食事です

実は、国や食材に関わらず海外のものはすべて苦手です...かなり致命的です...笑

一度フランスに行って、ほんの少しは慣れたつもりですが
それでも、今回ホテルのルームサービスで失敗して、ものすごく落ち込みました...
あんなに高額なのに何でだよと半泣きです...

前回はラーメンで失敗して、二度と海外でラーメンを食べるものか!と誓いました笑


もちろん、おいしい食べ物もたくさんありますよ!

パンやスイーツはおいしいものがたくさんです
大好きな曲を聴きながら、パリの公園で食べたクロワッサンはとってもおいしかった

でも、食事に関しては、やっぱりきちんと前もって調べておいたほうがよいよという話です


なので、今日はパリのおいしいお店をご紹介したいと思います


TOYO

17 Rue Jules Chaplain, 75006 Paris
http://www.restaurant-toyo.com/


前回訪れた時においしかったので、今回も行くことにしました
日本人シェフのお店ということで安心できるのも魅力のひとつだと思います

オープンと同時に行ったので、予約なしで運よく入店できましたが
すぐに満席になったので、予約をして行くのがおすすめです


味も見た目も、やはり日本人は繊細だなぁと感じます
出てくる料理を見ると、ほっとした気分になります

どの料理も彩り豊かで見ているだけでも美しい
使われているお野菜やきのこ、お花、色合いなどからフランスらしさも感じます


パリで、日本とフランスをどちらも味わえ楽しめるとっても素敵なお店です
パリを訪れた際は、またぜひ行きたいと思っています


TOYOからの帰り道、明るい夜

お腹も心も満たされて見るフランスの街並みは、いつもより美しく見えました





パリの旅に関する記事はこちら ]