2013-11-27

ムッシューの古切手

もしかしたら、来年パリに行けるんじゃないかという希望が出てきたので
旅立つ期待を込めて、いくつかパリでのできごとを振り返ってみたいと思います



とある蚤の市でのできごと
ムッシューから古い切手がたくさん入った袋をいくつか購入した時のことです

お店にはムッシューと私だけ

まとめ買いをしたので、勇気を出して、"少しお安くなりますか?"と聞いてみたところ
ムッシューは無表情で特に反応がなく...

しまった...機嫌を損ねたかも...とドキドキしていたら

シャイなムッシューは、何も言わずに、もう1袋プレゼントしてくれました
私には、"ほらよ、もうひとつプレゼントするぜ"と心の声が聞こえたような気がしました笑

まさか、もう1袋もらえるなんて思っていなかった私は
うれしくって満面の笑みで"merci beaucoup!" と言ってお店をあとにしました
(ほんとは、もっと気の利いた会話をしたいのですが、フランス語が出てこないのです...)

私がよくコラージュボードやポストカードに貼っている切手は彼から購入したものです
色鮮やかなお花の切手やかわいらしい動物の切手などに比べると目立ちはしないけれど
これがないと作品がきまらない、私にとってのマストアイテムです


フランスのおじさまはやさしい人ばっかりです
また、あのムッシューに会えるといいなぁ...


パリの旅に関する記事はこちら ]

2013-11-17

鏡の宝物

鏡の宝物ができるなんて、思ってもみませんでした

数年前のこと、会社に届いた私宛の荷物の中に入っていたもの
MEGさんからいただいた鏡です

表面にサインと私の名前を書いてくださっています
いただいた時は、ちょうどLuiiReの2周年の時だったのでLuiiReの文字も

私がLuiiReのショップマネージャーとしてお仕事をしてきた中で
MEGさん、MEGさんが手がけてきたCAROLINA GLASERのスタッフのみなさんとの関わりはとても深くて
コラボアイテムの制作をはじめ、ほんとうにたくさんのことを一緒にさせてもらいました
(このお話はまた機会があったら、ブログで綴れたらいいなと思います)

残業中、MEGさんの歌を聴きながら、CAROLINA GLASERの企画の準備をしていたこと
とても懐かしく思います

MEGさんとはじめて会ったのは、実は私がまだ大学生の頃で
MEGさんがブランドを立ち上げたばかりの展示会でのことでした

洋服好きだった私が、静岡から東京にはるばるやってきて
それはそれはドキドキしながら会場に向かったこと、今でも鮮明に覚えています

会場の雰囲気にとまどいながらも、洋服をふたつオーダーしました
帰り際、MEGさんが"ありがとねー"と私に声をかけてくれました

時が経つにつれ、思い出を少しずつ忘れていってしまうものだけど
忘れられない記憶ってちゃんとあるんだなぁと感じます

それから数年経って、まさか自分が再びMEGさんに会って
そして、そのブランドをお取扱いさせていただくことになるなんて、びっくりです
少し不思議にも思うけど、たくさんの想いは、強い気持ちは、未来できちんと繋がるんだと思います


今年の、まだ春がやってくる前のこと
出会って何年も経つけれど、はじめて2人でごはんに行きました

2人きりで、こんなにたくさんお話をしたのが、実は初だったので
たぶん緊張を隠し切れてなかったと思うけど笑、とっても楽しかったです

信念を持って、きちんと行動に移せる女性は、すごくかっこいい
私もMEGさんのようになれたらいいなと思った、東京の夜でした

そんな素敵な夜の思い出も、鏡と同じ大切な宝物です


私の宝物に関する記事はこちら ]

2013-11-11

アルゼンチンのバスチケット my paper collection

はじめて見た時に、なんてかわいいのだろう...と
ときめきを覚えたアルゼンチンのバスチケットです


このチケットは1950~1970年代にかけて使われていたものだそう

薄く透け感の紙にきれいな色で印刷されていて、デザインもひとつひとつ違っています
たくさんの数字にいろんなフォント、ストライプ、淡いパステルカラー、小さな紙にかわいいがぎゅっとつまっています

見ているだけでも楽しいのですが、コラージュやラッピングに使うとアクセントになっておすすめ
私が制作しているウエルカムボードベビーボードにもよく使う、とっても好きな素材です

日常の中で、こんなかわいい紙が使われていたなんて
外国には、まだまだかわいい紙ものがたくさん隠れていそうだなとわくわくします



私の紙コレクションに関する記事はこちら ]

2013-11-08

あんべいいな秋田県 pt2

秋田には、紅葉の有名なスポットがいくつかありますが
今回は一度も行ったことのないところへと思い、いくつかの場所へ足を運んできました

http://www.akitafan.com/special/kouyou/

伏伸の滝&岨谷峡 秋田市河辺岩見

づきはじめに出かけた岩見、美しい景色がたくさんでお気に入りの場所となりました

きれいな水が流れる風景に、とってもいやされますよ
岩見は、のどかな風景がたくさんあって、またぜひ行きたいなと思いました


泥湯温泉&川原毛地獄 秋田県湯沢市高松


こちらは紅葉の見頃のタイミングで行くことができました
川原毛地獄の白と山々の赤とのコントラストが美しかったです

いつも県南の紅葉スポットである小安峡に行きがちだったのですが
小安峡の近場に、こんな素敵なところがあったなんてと感動でした
今度は泥湯温泉に入りながら、ゆっくり訪れてみたいなと思います

色鮮やかな美しい景色をたくさん見て感じて充実の秋になりました

四季のある日本に生まれてよかったなぁと思います
みなさんに、少しでも美しい日本の秋、秋田の秋を感じてもらえたら幸いです

機会があったら、ぜひ自然豊かな秋田に旅してみてくださいね

おまけ
秋田の有名な観光地田沢湖、日本で1番深い湖なんですよ

あたたかい時期に帰省すると、なぜだか一度は行ってしまう...
ぜひたつこ像の前で記念撮影してみてくださいね


[ 旅と写真 japanに関する記事はこちら ]

あんべいいな秋田県 pt1

10月は秋田に帰省していました

今、秋田デスティネーションキャンペーン中なんですよ
「あんべいいな」には、秋田は、行き過ぎない、おごらない、ちょうどいい、心地よい、美しい国である

という意味が込められているんですって

10/1-12/31まで各地で様々なイベントが開催されているので、よかったらぜひ遊びにいらしてくださいね

http://www.akitacp.com/

さて、私はこのキャンペーンにあわせて運行された
SL秋田こまち号に乗ってきました



10/12-10/14の3日間運行されたのですが
家の近くにSLがやってくると、大きな汽笛の音がするんです
音が聞こえるたびに、なんだかちょっとわくわくしていました

祖父母や両親は、昔この蒸気機関車に乗っていたので
そこまで興味がないようでしたが、私にはそんななじみがないのでとっても新鮮に感じました

 
近くで見ると黒い車体が迫力があってかっこいい

乗車している運転士さんや車掌さんもレトロな昔の制服を着ているんですよ
それに、実はなまはげも乗車していたんです


車内では、なまはげと一緒に記念撮影も行われていて
SLに乗ってはしゃぎまくっていた小さな子供たちも、なまはげが登場すると顔がこわばりおとなしくなっていました笑

昔懐かしいかっこいいSLに乗れたこともうれしかったのですが
それ以上に、素敵だなぁ、うれしいなぁと思ったのが
いたるところでSLに手を振ってくれる地元の方々の姿でした

家の中から、歩道から、田んぼの中から
小さな子供からお年寄りの方まで、たくさんの人がこちらに向かって笑顔で手を振ってくださいました
私自身ライブ以外でこんなに手を振ったのははじめてのことでした

いつもは田んぼばかりで少し見飽きてしまう車窓からの景色が
いろんなところからたくさんの人が集ってキラキラした風景に変わっていました
笑顔と笑顔が行き交う景色は、なんて素敵なんだろうと感動でした

きっと、今回の運行に関して、たくさんの人が関わっていると思うのだけど
プロの仕事というものは、いつだって誰かを笑顔にしてあげるべきものだなぁと感じました
SLに乗りながら、私も誰かを笑顔にしてあげられるような仕事をしていきたいと思いました

とっても素敵だったので、最終日に祖母にも近くでSLを見せてあげようと車でとある場所へ行きました
ここは父の実家からすぐのとある踏切

この踏切にこんなに人がいるのをはじめて見ました笑
いつもはクマが出る恐れのある人通りのない山の中なんですよ

ようこそ撮り鉄さんたち


撮り鉄さんたちの本気具合に圧倒され、私は踏切の反対側で写真を撮りました


JRの社員さんの、みなさん仲良く写真を撮りましょうねーの声に
はーいと答え、みなさん行儀がよかったですよ



写真を撮って手を振ると、乗客のみなさんも手を振って応えてくれました


窓を開けて顔を出しているところが、昭和っぽくていいですよね
この日もたくさんの笑顔を見ることができて幸せな気持ちでいっぱいになりました


たった3日間ではあるけれど、いつもよりも秋田が明るくなったように感じました◎
素敵な企画をどうもありがとう!

新型車両のスーパーこまちも撮りました

おまけ

秋田に行ったら食べてほしいババヘラ、私はハーゲンダッツよりもババヘラが好きです
おばちゃん(=ババ)が道路端やイベント会場で売っているよ

http://babahera.net


[ 旅と写真 japanに関する記事はこちら ]