2013-09-27

朽ちたリース

今日から、ときどき私の宝物を紹介していきたいと思います

たくさんの"好き"に囲まれながら、幸せに暮らしてゆきたいという想いを
実際に写真に撮って、文章を綴って残すことで再確認をして、より本物にしていけたらいいなと思います

大切なものを丁寧に扱うように、日々もきちんと丁寧に


これは、前職を辞めた時に、お世話になったブランドさんにいただいたリースです

送別会の時にもらった、同僚や後輩たちが手配してくれたプレゼントの中のひとつに入っていました
あの日、両手にたくさんのうれしいプレゼントを抱えて家に帰ったから、さみしい気持ちもちょっぴり和らいだんだよ

すっかり色褪せてしまったのだけれど、これもまた時間がくれた素敵なプレゼントだと思っています
アンティークが好きな私なので、ちょうどよいのかも

世の中にはいろんなモノがあるけれど
このリースみたいに、そのモノには"ありがとう"とか、そういうやさしい想いが込められているといいな


私の宝物に関する記事はこちら ]

2013-09-24

私の年賀状 Bonne Annee 2013

こちらは2013年の私の年賀状です

2013年のこの年賀状は、印刷した絵柄の上に
フランスの古切手やキラキラのドレスデンペーパーを貼ったり、いろいろな文字を並べて、角を丸くしたりして
ちょっとしたひと手間を加えながら心を込めて作りました

今年は背景のピンクの水玉のところに、ちょっとしたしかけをしてみました
それは、水玉の中にピンクのハートが1つある人は中吉、2つある人は大吉ということにしたんです

住所を印刷する時にトランプのように年賀状をきって
誰が大吉になるかわからないようして、私自身もわくわく楽しみながら印刷しました

やっぱり、みんな大吉にしたいなぁと思ったけれど
それじゃあ、おもしろくないなと我慢をして...
でも予定よりもちょっとだけ大吉の枚数をふやして制作しました


後に、このことをブログに書いたら、それを読んだ友人が
私は大吉だったよー、中吉だったよーと連絡をくれたのがうれしかったです

来年も何かちょっとしたしかけをしようかなぁ...


9月に入り涼しくなってくると、毎年あっという間に年末になるような気がします
寒くなるにつれて、年賀状どんなのにしようかなぁと意識してきますよね

先日、コラージュをしていたら、来年の年賀状のよいデザインアイディアを思いつきました
もう少し寒くなったら制作に入ってみようと思います

かわいい年賀状を作るのも目標のひとつですが
秋と冬を充実させて、2013年を素敵に締めくくるのも目標にしたいなと思いました


コラージュ&その他の作品に関する記事はこちら ]

2013-09-20

【Lumiiere作品掲載】 エディシォン・ドゥ・パリ書籍 "コラージュ for ガールズ" 本誌の中身をご紹介します

先日、とある本屋さんに行ったら、"コラージュ for ガールズ"が棚に並んでいるのを発見!
なかなか本屋さんで見かけることがなかったので、うれしくてつい買ってしまいそうになりました

自分が載っている本を店頭で手にするのは不思議な気持ちでした
またいつかこんな気持ちを体験できるように、日々がんばりたいなと思いました

なので、以前にも少しブログで紹介しましたが、今日は6月19日に発売された書籍
"コラージュ for ガールズ ~女の子のための、等身大のコラージュ・スタイルブック~"について振り返ってみたいと思います


"コラージュ for ガールズ"は、読者モデルさんから人気ブロガーさん、クリエイターさんまで
毎日の中でかわいくハッピーにコラージュを楽しんでいる女の子たちの"いま"がつまった1冊です

本では、人気読者モデル、ブロガー、若手クリエイターなど8人の"コラージュ・ガールズ"をフィーチャーしているのですが
とてもありがたいことに、その中の1人として私も紹介していただいています

今回は、カード・ラッピング・スクラップの3つのテーマに基づいて制作し
その他、私のウエルカムボード等の作品を掲載してもらったり
コラージュにまつわるQ&Aやコラージュ作りのためのお買いものに密着いただきました



カード
ラッピング

ハウツーも載っているんですよ

撮影当日は、カードやラッピングやスクラップ、ウエルカムボードなどの作品たちの他に
私のお気に入りのアンティーク雑貨もバックいっぱいにつめ込んで出かけました

それらの雑貨を、その場で自ら並べてスタイリングして
ライターさんにインタビューを受けながら、カメラマンさんに撮影していただきました

左のページに大きく掲載されたスクラップ作品のスタイリングもそうなのですが
考える暇もなく、その場の思いつきで並べているので、もっとこうしたかったなぁと思うところも少々ありますが
でき上がったページを見てみると、色とりどりで私らしい世界観を出せたかなぁと思っています

当日使用した私物のお気に入りアンティークたち

自身も撮影されながら、インタビューも同時進行で、その上スタイリングもしたりと
以前のお仕事は全く逆の立場だったので、自らが主役として動く慣れない作業に少々とまどいながらも
スタッフのみなさんのおかげで楽しくお仕事させていただきました

これは本にも掲載された公園で私が撮影した椿

いつか自分の作品が本に掲載される日を夢見ていたので、それが叶ってとっても幸せです

去年の年末のこと、これからの夢や目標を書きだしてノートに貼っていたのですが
この前、ふとそのページを見たら、"本を出す"って書いてあって
こんなに早く夢のひとつが叶ったことに、驚きとともに感謝の気持ちがこみ上げてきました

お声をかけてくださった編集部のみなさま、どうもありがとうございました!

実家にも本を送ったのですが、母は友人と会う時に持っていき見せたりしているそうです
少しは喜んでくれているようで、ほんのちょっぴり親孝行できたような気がしました


何かを表現するということは、見せる相手がいてくれるからこそ成り立っていると思います
ブログで見てくださるみなさんも、いつもありがとうございます

自分の中にあるものを、こうやって形にすることができて
多くの人に見てもらえるということに感謝の気持ちでいっぱいです

また、いつの日か新たな作品を本に掲載できることを夢見てがんばっていきたいです


たくさんの人にLumiiereの色とりどりの世界観を見ていただけたら幸いです
そして、コラージュが大好きな人も、これからはじめてコラージュに挑戦する人も
この本をきっかけに、毎日がハッピーで楽しくなるといいなと思います

エディシォン・ドゥ・パリの書籍には、毎日を素敵にしてくれるきっかけがたくさんつまっています
本屋さんなどで、ぜひチェックしてみてくださいね

:: エディシォン・ドゥ・パリ ::
http://www.facebook.com/edp.collage


Lumiiere メディア掲載に関する記事はこちら ]

☆ ★*.。・.* ☆ ★*.。・.*

:: contact me ::
結婚式のウエルカムボードや出産お祝いのベビーボードetc...

コラージュ作品のご依頼、その他お仕事のご依頼はメールにてお願いいたします

Email : eri_p_35♡yahoo.co.jp (♡→@に変えてくださいね)
お問い合わせの際は、恐れ入りますがフルネームでお名前をご記入ください
記載のないメールへの返答はいたしかねる場合がございますので予めご了承くださいませ

2013-09-16

私の紙コレクション

数年前から、外国の色とりどりのアンティーク、ヴィンテージの紙ものが大好きで
ポストカードやクロモスやラベル、切手にチケット、レースペーパーなどを少しずつ集めてきました

そのコレクションは、見ているだけでも楽しかったのですが
何か形にできたらいいなと思って取り組んだのが、私とコラージュのはじまりでした

お洋服やインテリアなどは、シンプルなものを好むようになってきましたが
紙ものはクラシカルかつカラフルなものが、やっぱり好きです

たくさんある紙コレクションの中から
今日から、ときどきお気に入りのアイテムをおひろめしていけたらと思います

今日はこちら、パリの古いお花のカード

この中から、またひとつ作品の大事なピースとして旅立っていくんだろうなぁ
ここからどんな作品が生まれていくのか、私自身もとても楽しみであります

いつかの日か、小さくていいから紙コレクションの本でも作れたらいいなと思っています
毎日夢が生まれていくね


私の紙コレクションに関する記事はこちら ]

2013-09-14

幸せの風景を彩るディスプレイ wedding welcome space display

もうすぐ1年経過するんだなぁと気づいたので
今日は、1年前に親友の結婚パーティのウエルカムスペースをディスプレイしたお話を綴りたいと思います

パーティから数ヶ月前のこと
親友がウエルカムボードと一緒にウエルカムスペースの飾りつけを頼んでくれました

ずっとやってみたかった結婚式のディスプレイ、親友に素敵な機会をプレゼントしてもらえて
それから毎日、どんなふうにしようかとイメージする日々が続きました


1番はじめに、この3つのアンティークの家具を購入しました

 アンティークの風合いが素敵な白い家具たち
これに、たくさんのアンティークのお気に入りを並べて飾りつけしました

そうして完成したのがこちら


 2人のイニシャルカードをつくって、TとSは目立つところに

左側にある水色の丸いものは、フランスのアンティークで、カレンダーになっています
後ろのねじをまわして、パーティ当日の日付SAMEDI 15 SEPTEMBREにあわせました


ディスプレイをするのは楽しくて好きです
頭の中にあるイメージを形にすること、平面よりも立体のほうが難しくて悩みますね


外国の古いトランクが好き

これはこんなふうにディスプレイ

今はアンティークの大きなアルファベットがほしいです
インテリアのアクセントに活躍してくれそう
イニシャルはEかLがいいな、最近Wも好きなので、いつかどこかで出逢えるといいな

最近、引越しをしたので、素敵なお部屋作りに試行錯誤の毎日です
ディスプレイのセンスも磨いていけたらいいなと思います

さて、話は戻りますが
主役の2人が喜んでくれたことがもちろん1番なのですが
飾り付け中に、かわいいですねと声をかけてくれた幹事・受付の方
会場のスタッフの方にも、今までで一番素敵なウエルカムスペースでしたと最後にお声をかけていただき
ほんとうにうれしかったです


ウエルカムボードもそうですが、今までたくさんの結婚式を見てきただろうプランナーさんに
おほめの言葉をいただけるのが、ありがたく光栄なことだなぁと思う最近です


大切な1日をお手伝いさせてもらえる素敵な機会をくれた親友に改めて感謝です

この時、はじめてウエルカムスペースをディスプレイさせてもらい
次はこんな感じもやってみたいと新たなイメージも生まれたので
またいつか、このような機会があれば、ぜひ挑戦してみたいと思っています

2013-09-11

3.11のコラージュ

去年、ZOZOPEOPLEにupした私の日記を、少し手直しながら今の気持ちをつけたして綴りたいと思います


今日は11日、今日で震災から何日が経過しただろう

指折り数えると、多くの月日が流れたように思ってしまうけど
それでも、まだまだたくさんの問題やかなしみが解決されていないと感じています


当時は、毎日流れるたくさんの情報の中で、たくさんのことを考えたり想ったりしました
節電したり、募金をしたり、できることをしながらも、他に何かできないものかともやもやとすることもありました

同じように思っている人はたくさんいるようで
そんな気持ちを、ある人は絵にして表現したり、ある人は歌にして届けたりしていました

そんな中、私はテレビを見ながらコラージュを作っていました


テレビから流れるたくさんのかなしいニュースを聞きながら
少しでも多くの人が心から救われるように願いながら、ひとつひとつ想いと紙を重ねてゆきました

2011年の春のうちに、ほとんど完成していたのですが
それから新しい紙ものを手に入れた時に少しずつたしていって
2012年になり、いったん完成させました



"3.11のコラージュ"



65×50㎝
今までで1番大きな作品ができました
私の"好き"をたくさんつめこみました

これから先、素敵な素材を手にしたら、また少しずつ貼って少しずつ変化していくことと思います
実際、2013年の今は、写真の状態から少しだけ変化をして押し花や紙ものがたされています

これから先は、よくなることしかないのです

同じように、復興地もこれから先、今よりも必ずよい方向へ向かっていくと信じて
大変なこともほんとうに多いと思うけれど、少しでも希望を抱えて暮らしていってほしいなと思います

私のこの作品が、たくさんの小さなかけらが集まって、ひとつの大きな作品が完成したように
復興地に住む人々の心の傷が、やさしさでひとつひとつうまって
あったかな気持ちで満たされる日が訪れることを願っています


私は今でも、そのニュースやドキュメンタリーだったり写真だったりにふれると涙が止まりません
ほんの少しふれただけでも、たくさんのかなしみに襲われるのに
そこに住む人々は、毎日まいにち向き合っているんだと思うと、もう言葉になりません

平和な毎日の中で、震災のあの日のできごとは、日常から少しずつ少しずつ遠くなっていきました
たくさんの時間流れていた復興地のニュースも、今ではうんと減りました

いつまでたっても思い出すとかなしいけれど、でも、今まさにがんばっている人のことを想って
少しでも、現状をキャッチする受信者でいなきゃいけないような気がして暮らしています

NHKや民放でときどきドキュメンタリーが放送されています
つい先日も津波の被害にあった遺族の方のドキュメンタリーが放送されていました

もうほとんど普通の日常を取り戻した私たちは
どうか未来に向かって希望にあふれていてほしいと願うけれど
それを見ていると、まだまだどうしようもない苦しみやかなしみや怒りは多く存在しているんだと感じます

被害にあわれた東北の方が
1番かなしいのは忘れられてしまうことなのかもしれないとおっしゃっていました


大丈夫、絶対に忘れないから

どうか、日々のたくさんの時間の中で、ほんの少しでもよいので
そこに暮らす人々の心に寄り添えるように過ごしてもらえたらなと思います


先日、2020年に東京オリンピックが開催されることが決まりましたね
ここに住むみんなが、同じ楽しみを持って未来に進んでいくなんて、なんて素敵なことなんだろうと思うんです
日本の未来が明るくキラキラと輝くような気がしました

そうやって同じ楽しみを共有できるように
やっぱり、ときどきでいいから、3.11のこと思い出してほしいなと思うんです

あの時期に、みんながどうにかして誰かの気持ちを救いたいと思ったこと
その気持ちを少しでも思い出して寄り添うだけで
自分自身もそうだし、復興地だって、ほんの少しでもよい方向に向かうと思います

かなしみだって共有すれば、その人を笑顔にしたいって思うから
きっと明るい未来が生まれると思います

今日も復興地にひとつでも多くの笑顔が生まれるよう願っています
私も今できることを、これからも続けてがんばります

読んでいただき、どうもありがとうございました



コラージュ&その他の作品に関する記事はこちら ]