2013-07-28

バイヤーという肩書き

ときどきは私自身のことも綴ってみようかなと思います

前職での私の肩書きはショップマネージャー兼バイヤーでした
お店に出すすべての商品のバイイング、企画などをしていました

大学生になり、ファッションがとても好きになり、漠然とアパレルの道もいいなぁなんて思うようになりました

みんなと同じように就職活動もしてみましたが、どうにもこうにも全然だめで笑
学生でお金もないので、いつも鈍行に乗って東京ー静岡を何時間もかけて移動し
慣れないスーツを着て、へとへとになりながらやっていました

でも、しばらくして、美術科ということもあり
卒業制作に専念したいという気持ちから一旦就職活動をやめました

何か表現をするということは、けっこう集中したかったり、勢いとかが大事だったりするので
別の余計な感情にじゃまされたくないという気持ちがあったんです

今思うと、将来の道も決めずに卒業の日を迎えることにしたなんて
けっこう大胆な決断をしていたなぁと思います...親もたくさん心配したことでしょう...


それから卒業をしてすぐ、北国に桜が咲くまであともう少しという頃、突然祖父を亡くしました
生きてきた中で1番のかなしい感情とともに春を過ごしました

もっと生きるつもりだったし、生きたかっただろうなと思うとやるせなくて
そんな祖父の気持ちを感じた私は、祖父の分まで好きなことに一生懸命チャレンジしてがんばっていこうと決意し
以前働いていた会社に履歴書を出しました

それから数日後、ありがたいことに採用となり、念願のアパレルの道に進むことになりました

今でもここで働きたいなぁと思っている企業はありますが
それでも必死に就職活動をしていた学生時代に、あの企業やこの企業に受からなくてよかったなぁと心から思います笑

それだけ前の会社で過ごせた日々は、とてもやりがいのある素晴らしい毎日でした
祖父に誓ったように、妥協せず一生懸命がんばる毎日でした
人生ってきちんとよい方向に進んでいるのだなぁと、自分でこの記事を書いていて思います


さて、入社して数ヶ月経った頃、バイヤーの社内公募がありました
入社をしてから、バイヤーになって自分のお店を持つということにすごく憧れるようになり
絶対にバイヤーになりたい!と思い、徹夜をしながら一生懸命企画書を仕上げプレゼンしました

入社したばかりの私がなれるはずないなぁと思ったのですが
忘れもしない2005年11月1日の全体朝礼で発表されたバイヤー合格者の中に自分の名前がありました

あまりにうれしかったので、父に、"私バイヤーになったんだよ!"とメールをしたら
"11月1日は結婚記念日なので、うれしい報告をどうもありがとう!"と返事をもらったこと、今でも鮮明に覚えています

結婚記念日だなんて、今まで父の口から聞いたことがなかったので、思いがけない返事でした
はじめて11月1日が記念日だということを知ったくらいでした

先日ウエルカムボードの記事にも書きましたが、11月1日が家族の大切な記念日です
そんな日に、自分の大きな夢が叶ったこと、ちょっぴり運命だと感じました


話は少し戻りますが、就職活動をしていた時に
お金を払いR-CAPという、自分はどんな性格なのか、どんな職業が適性なのかなどを分析してくれるサービスを受けました

細々と分析結果が書かれているファイルが後日届きました
履歴書を書くにあたり、自分の長所を考える時に活用しましたが
そこに書かれている内容をさほど意識することなく過ごしてました

バイヤーとなって、数ヶ月経ったある日、その結果が書かれているファイルをふと見てみました
目がとまりました、運命だと思ってしまいました


1.バイヤー
2.雑誌編集・制作
3.保育士・幼稚園教諭
4.パティシエ
5.役者・俳優
6.グラフィックデザイナー・CGデザイナー
7.作家・ライター
8.DTP・CADオペレーター
9.ファッションデザイナー
10.パタンナー


全然意識してなかったけど、結果が未来できちんと繋がりました
1位から140位まであって、そのうち20位までが適職らしいです

ちなみに11位にカメラマン、19位にイラストレーターもランクイン
そういえば、昔は保母さんやスポーツライターにもなりたかったな
気になる職種が20位以内にありました
5位の役者・俳優がちょっと気になりますね笑


1位の職種になれたこと、なってそれからたくさんの夢を叶えたこと、私の誇りでもあります

苦しいこともたくさんあるけれど、強い信念を持って、自分の"好き"に対して正直にがんばっていれば
きちんと夢は叶うと思うし、自分らしく生きれるような気がします
あと言えることは、感謝をすること、人を幸せにしたいいう気持ちも、とてもとても大事です

それを教えてくれたバイヤーという職業
だから、私はこれからもバイヤーでい続けたいと思います
これからも自分の"好き"に正直に、心ひかれる素敵なものをたくさん届けていきたいです

そういえば、今日ふとまたこのファイルを見てみたら
あなたは"起業家志向が強いです"だって、当たっているねこの分析

2013-07-26

おめでとう と ありがとう

少し前のこと、友人に誕生日プレゼントを送ったら
私もえりにプレゼント送ろうと思っていたとこなの!とメールをもらいました

お互いのことを想って、それぞれプレゼント選びをしていたんだなーって思ったら
何だかとってもうれしくなって、毎日楽しみにしていたら、数日後かわいいプレゼントが届きました


私の好きな色のひとつ、ターコイズのリボンが付いたグラスが入っていました
JUNIOというブランドのグラスだそうです
http://junio.jp/


素敵な贈りものでLumiiereのスタートをお祝いしてくれました
5/23がよりいっそう大切な日になったし、またひとつ宝物がふえました

同封されたカードには、"Happy Birthday Lumiiere"と書いてあって
最後には、Lumiiereの名前の由来が光だからかな、
"これからも日本中、世界中のたくさんの人に夢と希望の光を届けて"って書いてありました
そうだね、ほんの少しでいいから、誰かが喜んでくれるような活動をしていきたいな

世界だなんて、考えてもなかったけど
ブログの統計を見てみると、いろんな国からアクセスがあるので
写真を見て、かわいいな、素敵だなって思ってくれていたら幸せだなと思いました


前の会社を辞める時も、今までお疲れさまとお手紙をくれました
人生の大きな決断や苦しい時やかなしい時、楽しい時やうれしい時
いつも応援してくれる大切な友達です

そういえば、言った本人は覚えていないかもだけど
"えりは夢を叶えていく人だと思う"、と言ってくれたことが
その言葉をもらってからも、いくつか夢を叶えることができました

私にとって、とてもありがたい宝物の言葉のプレゼント
何だか、この言葉を思い出すと、どんな夢でも叶いそうな不思議な気持ちになります

これからも前に進んでいけそうな、勇気をもらえる大切な言葉
この言葉と一緒に、これからも愛しい夢にたくさん会いに行きたいです


"おめでとう"って言葉は、"ありがとう"って言葉と何だか隣り合わせだなと思いました
これからも、お互い"おめでとう"や"ありがとう"をたくさん言って前に進んでいけたらいいよね

いつもブログやSNSを見てくれるみなさんもどうもありがとう
大切な時間を使って、私のブログに遊びにきてくれるなんて、とってもやさしいなぁと思います

こうやって見てくれる人がいるから、表現をしていきたいって思えるんだろうな
これからも、たくさんの"おめでとう"や"ありがとう"を言っていけるようにがんばっていきたいです

2013-07-11

はじめてのcadeaux

前回の記事でパリの写真をupしたら、いろんなパリの思い出がよみがえってきました
なので、今日はパリに行った時のお話をひとつ

フランス語でcadeaux(カドゥ)は贈りもののことをさします

とあるかわいいお店に、かわいい店員さんがいたのですが
そこでいくつか商品を買ってお店を出ようとした時
そのお姉さんが"cadeaux"と言って、商品の中からポーチを差し出してプレゼントしてくれました
わ~、なんていい人なんだろう!と思って、"merci!"と言って笑顔で店を出ました

そのできごとがとってもうれしかったので、お姉さんにお礼が言いたくなって
ギャラリーラファイエットでパティスリー・サダハル・アオキ・パリのお菓子を買い、後日再びお店に行きました

覚えていてくれたのか、お姉さんは笑顔で迎えてくれました

そして、今度は私がドキドキしながら"cadeaux"と言って、この前のお礼にお菓子をプレゼントしました
憧れの街ではじめての贈りものをすることができて、そしてそれを喜んでくれて、とっても幸せな気持ちになりました

フランス語はほとんどわからないのですが、少しの言葉と想いがあれば気持ちは伝わるんだなぁと実感...
大好きな街で、思いがけない素敵なプレゼント交換ができ、宝物のようなキラキラの思い出ができました

私が出逢うフランスの方は、どの人もいい人ばかりで
だから、私はフランスがもっと好きになったのでした


パリの旅に関する記事はこちら ]

思い出の黄色いポーチ

お店がある街の素敵な一角

2013-07-04

大好きなパリの写真

はじめましての記事にも綴りましたが、私はパリの街が好きです

それと、旅をすること、そしてそこで写真を撮ることが大好きです


こちらに私が撮影したパリの写真をupしているので、もしよかったら見てみてくださいね
(Lumiiereブログの右側にあるバナーからもとべます→)

今年の私の目標のひとつに、去年よりもたくさん写真を撮ること、というのがあります
これからの2013年の半分、たくさんの風景、色を切りとって、色鮮やかなキラキラの思い出をたくさん作りたいです

そして今後、日本で撮影した写真も同じように紹介できたらいいなと思っています

その前に、まずは大好きなパリの写真から

ここにもお気に入りの写真をいくつか載せますね
少しでもおしゃれなパリの街を旅した気分になっていただけたらうれしく思います


パリの旅に関する記事はこちら ]